輸入・輸出業者に必要なEXIMコードについて

2017年1月26日に、輸出・輸入業を扱う企業に必要なEXIMコードが導入されました。商工部会では、今後、このEXIMコードについてのセミナーを開催予定です。

1. EXIMコードとは?

EXIMコードとは、ネパール税務局が国際的なビジネスを行う輸出・輸入、製造業を担う企業に対して発行する番号のことです。

 

2. EXIMコードが求められないのは?

政府機関、NGOINGO、医療機関、5ルピー以下の私物を1度に限り輸入する個人、及び50万ルピー以下の私物を1度に限り輸出する個人に関しては、EXIMコードの取得が不要です。

 

3. EXIMコード取得に必要な書類:

-登記簿の写し

-VAT/PAN税務登録証の写し

-前年の納税証明

-銀行からの「Annex 2」(形式は各銀行によって異なる)

-輸入業者の銀行口座に30万ルピーの残高があるという銀行からの残高証明

(輸出業者に関しては、銀行からの残高証明は不要)

(企業は、最低100万ルピーの払い込み資本金を保持していなければなりません)

 

注記:輸入・輸出業のみを行っている企業は、株主全員、及び両親や配偶者の住所を商業局に登録する必要があります。また、両親または配偶者が他の事業を行っている場合、その旨も登録が必要です(製造業者については、商業局への登録は不要)。

 

4. EXIMコード申請フォームの記入について

「貿易先」の欄には、第三国を記載しても構いません。

 

5. 申請はオンラインで可能

上記の書類が整ったら、こちらのウェブサイトのホームページ左欄にある「EXIM Code」でアカウントを作成後、Eximコード申請フォームに記入をし、申請します。

 

注記:初期登録時に割り当てられる番号は、なくさないように保管してください。

 

オンライン上で申請書を提出したら、約1週間以内に、登録されたメールアドレスに証明書が届きます。この証明書が届かない場合は、トリプレショールにある関税局か、登録時に選択した最寄りの関税局事務所までお問合せください。

Other News
Hotel Kaze Durbar
hananoie resort
Ad
外貨率