太田智之氏セミナー関連報告

2014年3月26日、サミットホテルにて、ネパールの「お金」事情について、カトマンズ郊外のバディケル村での長期間の調査結果をもとに、村人の懐事情、金融事情、さらには資産や財産に対する人々の考え方の変化を、わかりやすく噛み砕いてお話いただきました。

 

タイトル「バディケル村の「お金」事情」

講師  太田智之氏

内容  近年、目まぐるしく変わるネパールの「お金」にまつわる状況。カトマンズ郊外のバディケル村での140日間に渡るフィールドワークからわかるその実情 等

 

主催  日本人会商工部会

日時  2014年3月26日(水) 18:00開場

 

太田博之(おおた ひろゆき)氏のプロフィール

----------------------------------------------

名古屋大学大学院国際開発研究科後期博士課程

 

略歴:

大学卒業後、民間金融機関にて企業年金営業に従事。

2006年3月~2008年3月:青年海外協力隊にて、ネパール政府女性開発局にて勤務。カトマンズ盆地ないの女性組合の活動を支援。

2010年3月~2012年3月:在ネパール日本国大使館に専門調査員(経済)として勤務。

2012年4月~同年12月:JICAネパール事務局に企画調査員(企画)として勤務。民間セクター開発を担当。

Hotel Kaze Durbar
hananoie resort
Ad
外貨率