憲法制定プロセスに伴う最近の治安状況(カトマンズ盆地を中心に)

 

平成27129

日本大使館領事班

 

1.ネパール当局は以下のエリアを政治抗議活動を禁止する規制区域に指定

①政府庁舎(Singha Durbar)、②議会(New Baneshwor)、③大統領府(Maharajgunj

④首相公邸(Baluwatar)、⑤副大統領府(Kantipath

 

2.最近発生した主なバンダ/抗議活動等

ネパール各地で、マオイストを始めとする野党支持者と与党支持者・治安部隊との間での衝突・小競り合いが発生し、一部では負傷者も出た模様。

(1)13日 (中部)マオイストとエスニック・グループによるバンダ

(2)20日  マオイスト始め30の野党連合によるバンダ

(ネパール全土)30台車両放火

(カトマンズ)➊12台車両放火➋バイク放火、➌メディア車両も襲撃

➍バンダ支持者と警察との衝突   →28名逮捕

(東部)ダンクタ:6人負傷、サプタリ:UML地方支部に放火

→ これに対し、カイラリ/ダデルドゥラ(極西部)、バンケ(中西部)、カスキ/パルバト(西部)では、バンダに反対するグループ・個人による集会や集団バイク走行が行われ、バンダ支持者との間で小競り合いも起きた模様

(3)22日~23日

(ネパール全土)36の野党連合による抗議デモ

(カトマンズ)➎一部野党による議会前幹線道路での抗議座り込み

 

3.マオイストを始めとする30の野党連合による今後の抗議活動計画

(26日の野党連合による会合の結果)

(1)  第1段階(1/26-2/28):Publicity Program

1/26-2/3:準備期間

2/4-2/12:地方レベルでの集会/壁書き/パンフレット配布等

2/13-2/22:郡レベルでの座り込み/包囲/抗議デモ/大規模集会

(→各Chief District Officeをターゲットに)

2/28:カトマンズでの大規模全国集会

(2)  第2段階(3/1-29):Action-Oriented Program

(→バンダの可能性も?詳細は第1段階終了後に発表)

(3)  第3段階(3/30-成果まで):Decisive (Result-Oriented) Program

 

4.各国による注意喚起

(豪・加・英・米)自国民渡航者に注意を呼びかけるトラベル・アドバイザリーを発出

(日本)当地在留邦人:「お知らせメール」及び当館ホームページで累次注意を呼びかけ。

渡航者:26日付で渡航情報(スポット情報)を発出。

 

●今後の政局によっては、対立が先鋭化・過激化する可能性もあり、メディア等から最新の情報を得ながら、事態の推移に注意する必要。

●大使館からも「お知らせメール」やホームページでも引き続き情報提供していく予定。

●バンダやデモ等の際には、人混み、規制区域、主要な交差点(特にリングロード上とその内側)等に近づかないよう注意が必要。

①~⑤及びが掲載されている地図はコチラ

Hotel Kaze Durbar
hananoie resort
Ad
外貨率