ネパール主要経済ニュース(2014年12月15~19日)

 

  計画停電、1時間延長(20141215日、Kathmandu Post

ネパール電力公社は、水曜日より計画停電を1時間延長すると発表。これにより、110時間、週70時間の計画停電となる。

 

  ネパールの石油価格、国際市場と合致せず(20141217日、Kantipur

国際的に石油価格は35%程度下落しているにもかかわらず、ネパール国内では11.5ルピーしか安くなっていない。ネパールは国際市場の石油価格に合わせて自動的に国内の石油価格が決定するシステムを導入したものの、国際市場と一致した石油価格となっていない。

17日、11人の学生がネパール石油公社に対し石油価格を下げるよう要請。これを受けネパール石油公社は、石油価格の自動決定メカニズムを見直すと発表。20141218日、KantipurThe Himalayan Times

 

  米の生産高、低下の見込み(20141217日、Kathmandu Post

農業開発相は、季節外れのモンスーンにより、米の生産高が昨年度比5.1%、約478万トン低下するだろうと発表。また、トウモロコシについて、トウモロコシ農家が収量が高く儲けの多い野菜農家へ転換しているため、トウモロコシの収量も6%、約214万トン低下するだろうと発表。

 

  鶏肉の値段 高騰(20141218日、The Kathmandu Post

カトマンズ盆地では、鶏肉の消費量が増加したため、小売価格が1kgあたり30ルピー高くなり、235ルピーに達した。ネパール鶏肉販売店協会(NCSA)によれば、活鳥価格が40ルピー高くなり190ルピーとなり、卵は1カートン310ルピーまで上昇。

 

  ネパール石油公社、石油価格値下げを計画(20141219日、Kathmandu Post

ネパール石油公社は、ガソリンとディーゼルの値下げを計画している。インド石油公社が石油価格を発表した15日から2週間の協議を終えた後正式に発表する予定。

在ネパール日本大使館提供

 

Other News
Hotel Kaze Durbar
hananoie resort
Ad
外貨率